閉じる

香川県高松市で外壁塗装をするならプラニング・K

0120-313-505

ブログ

ブログ

2021年4月19日

空き家も外壁塗装は必要?

最近、TVでもよく耳にする『空き家』ですが、空き家と聞くとどのようなイメージをお持ちですか?

人の出入りもなく、古びた暗い家という印象の方も多いのではないでしょうか。 

 

では、住んでいない空き家の外壁塗装は必要なのでしょうか。

 

 

空き家とは

国土交通省では1年以上住んでいない、または使われていない家を「空き家」と定義しています。  

人工が少ない田舎に多いと思われがちですが、都会でも空き家が増加していると言われています。 

 

 

空き家が劣化してしまう原因とは

空き家は誰も住んでいない状態なので、通常より劣化のスピードが早くなります。

毎日生活しているのと違い、人が出入りすることがないため室内の換気も行われず、空気の入替えができません。   

 

建物の劣化に気が付かず長期間放置してしまい、その結果台風や大雪により建物が大きなダメージを受けてしまったというケースもあります。

 

  

 

空き家の外壁塗装について  

外壁塗装を怠るとどうなる?

家の外壁塗装は住まいのメンテナンスの中でも重要な項目のひとつで、美観を保つだけでなく、外壁の性能を維持するためにも欠かせないものです。   

  

外壁の表面塗膜は経年劣化が生じます。それを怠ると家を保護する防水機能が低下し、外壁だけでなく建物の内部にまで影響を及ぼしてしまう可能性があります。  

 

 

生活していない家にあまり費用をかけたくないと、外壁塗装を行わず放置しているケースも多く見られますが、空き家であっても定期的に外壁塗装をする必要があります。 

 

 

外壁塗装をする最適な時期とは?

外壁塗装は一度すればいいというわけではなく、定期的に行う必要があります。

では、空き家の外壁塗装をする時期はいつが良いのでしょうか。 

 

外壁塗装は使用する塗料にもよりますが、通常10年程で塗替え時期と言われています。しかし、これはあくまで目安のひとつです。

変色や色あせ、チョーキング現象(外壁に触ると白い粉が付くこと)等、外壁劣化のサインが見つかった時が一番のタイミングと言えます。

 

  

空き家を維持するための注意点

 

空き家で一番気になることは家の維持についてです。

実際に住んでいる家でも定期的なメンテナンスが必要ですが、誰も住んでいない空き家はよりメンテナンスが疎かになってしまうため、維持するための注意がかかせません。    

 

老朽化した住宅は資産価値を下げてしまうので、売却を検討している場合は特に定期的なメンテナンスを行い、住宅の劣化を防ぎましょう。 

 

 

 

■定期的に空き家を訪れる

空き家は日々の換気が行われないため、室内に湿気がこもりカビや苔が繁殖したり、シロアリによって劣化が進行する場合もあります。 

定期的に空き家を訪れ、家の内部に劣化が無いかを確認します。

 

敷地の草木が伸び放題になっていると害虫が発生したり、近隣のお宅に迷惑がかかることもあります。伸びた雑草は放置せず、必ず刈るようにしてください

  

 

 

 

 

 

  

 

 

 

定期的なメンテナンス

屋根や外壁は経年によって劣化が生じます。これはどの住まいにも起こることで、避けられません。いかに劣化に早く気付き、対処するかが重要です。 

 

外部の劣化は家の内部にまで影響を及ぼしかねません。現在、どのような劣化が生じていて、どのような対処が必要なのか、専門の知識を持った業者に依頼することをおすすめします。

 

 

 

 

まとめ

空き家にとっても外壁塗装は必要不可欠です。

劣化が大きくなる前に定期的なメンテナンスを行い、大切な家を守りましょう。 

 

プラニング・Kでは無料で現場調査を行っております。まずはお気軽にご相談ください。

 

 

カテゴリ:外壁

ブログ執筆者:プラニングK

  • 前へ
  • 次へ

一覧に戻る

安心の10年保証をお約束

リフォームローンOK

外壁塗装延床30坪48.8万円~

屋根塗装延床30坪17.5万円~

プラニングKが選ばれる7つの理由

外壁・屋根無料診断実施中!

0120-313-505

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

PAGETOP