閉じる

香川県高松市で外壁塗装をするならプラニング・K

0120-313-505

ブログ

ブログ

2021年1月28日

遮熱塗料と断熱塗料の違いを知る

 

『遮熱』と『断熱』の違いについてご存知ですか?

言葉が似ていることから、同じような意味合いに思われている方も少なくありません。

 

しかし、住まいの塗装における遮熱と断熱は意味が異なります。

今回は遮熱塗料と断熱塗料の違いについてご紹介します。

   

 

遮熱とは 

遮熱とは熱を伝わりにくくすること。

 

遮熱塗料について

遮熱塗料の効果のひとつとして、建物を夏の暑さから守る働きがあることが挙げられます。  

太陽光線の中でも、熱の原因となる赤外線(近赤外線)の反射効率を高め、塗膜自体の温度上昇をしにくくした塗料。  

 

■水系ファインコートシリコン遮熱(菊水化学工業)

 

【特長】 

・赤外線を反射することによって、熱エネルギーが緩和され建物の表面温度室内温度の上昇を抑える。 

 

・ チタン系黒色遮熱塗料は、高耐候性を有している為、従来の黒色遮熱塗料と比べて長期に亘り変色を抑える。 

 

・ 高耐候性を有した強靭な塗膜が長期間にわたり建物を保護する。  

  

メリット 

遮熱塗料を塗装することで塗装した表面の温度の上昇が抑制され、室内の温度上昇が抑えられます。  

室内の温度上昇を抑制することにより、エアコンの設定温度をあまり下げなくても快適に過ごす事ができ、省エネや環境保全にも繋がります。        

 

※遮熱塗料は温度を一定に保つことや断熱の効果はありませんので、外から伝わってくる熱を抑えることはできません。

 

 

 

断熱とは

断熱とは、字のごとく熱を断つことです。  

 

断熱塗料について

室外から室内へ、室内から室外への熱の移動を防ぐ効果を持った塗料。

夏は涼しく、冬は暖かい室内環境を作ります。

遮熱塗料は外側からの熱の移動を防ぐだけですが、断熱塗料は内外の熱の出入りを防ぎます。 

 

 

  

■キクスイガイナ(菊水化学工業)

【特長】

・薄膜でありながら、断熱・遮熱性に優れている。 

 

・建物の屋根・外壁・室内壁・天井等、部位に応じた専用下塗り材を使用すれば、様々な部位に施工が可能。 

 

・塗装することで、冷暖房削減により、優れた省エネ効果が期待できる。

  

 

メリット

浴室やトイレなど、家全体の温度差があまりないため、高齢者に多く発生するヒートショックを防ぐことができます。

【ヒートショックとは】=家の中の急激な温度差により、血圧が大きく変動することで失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼすこと。

  

 

まとめ

住まいの問題点を解決するためにも、遮熱と断熱の役割をしっかりと理解しましょう。

そして塗装工事をご検討されている方は、より快適な生活を送るための塗料選びをおすすめします。

塗料のことなら、プラニング・Kにご相談ください。

カテゴリ:未分類

ブログ執筆者:プラニングK

2021年1月25日

シリコン塗料が選ばれる理由

シリコン塗料というのを聞いたことはありますか? 

外壁塗装を検討されている方は、シリコン塗料について耳にしたことがあるかと思います。 

 

ではシリコン塗料とは何か、特徴を見てみましょう。 

 

 

 

塗料について知る

塗料を構成する4つの成分

塗料は「顔料」「樹脂」「添加剤」「溶剤」の4つの成分から構成されています。

 

顔料

顔料そのものが色を持つ粉末固体で、主に塗料の色彩などを形づくる成分。

顔料自体が私たちの目に塗膜として見えている。

 

 

樹脂 

塗料の主成分である顔料だけでは塗膜として機能せず、樹脂は顔料を膜として密着させる働きを持つ。 

 

溶剤 

樹脂を溶かすための希釈用として水やシンナーを用いる。

塗料を塗りやすくするため、適正な粘度に調整したり、塗面の仕上がりをよくするために使用する。 

 

 

添加剤

防藻、防カビ、低汚染、抗菌など塗料の機能を向上させる補助薬品。

塗装の目的とする機能や用途に応じて必要な添加剤を少量だけで混ぜ合わせる。

 

  

 

シリコン塗料の特徴

塗料に含まれる4つの成分のうちのひとつである『樹脂』の主成分がシリコンなので、シリコン塗料と呼ばれています。

 

シリコン塗料のメリットとデメリット

◎メリット

・耐久性が高く、紫外線に強い。

・耐水性や耐候性に優れている。

・汚れにくい 

・価格と性能のバランスが良く、一番塗装されている塗料。

  

×デメリット 

・メーカーによって水性と油性など種類が多種多様なので、性能の違いを判断しづらい。

 

  

 

 

 

 

シリコン塗料が選ばれる理由  

少しでも経済的な負担を少なくしたいと安価な塗料を選ぶよりも、耐用年数が長い塗料を使用した方が塗替えの回数を減らす事ができるため、トータルのメンテナンスコストは抑えられます。 

耐用年数

・アクリル塗料…3~5年

・ウレタン塗料…5~7年

・シリコン塗料…7~10年

  

■費用面

シリコン塗料はウレタン塗料と比較すると価格が少し高くなりますが、耐用年数がウレタン塗料より1.5~2倍程度長く、耐久性に優れています。

 

 

まとめ 

シリコン塗料は価格や耐用年数など総合的にみてバランスが良く、戸建て住宅の外壁塗装では最も多く使用されています。

  

  

現在お住まいの家にあと何年暮らすのかなど、今後の生活プランが明確な場合は適した塗料を選択することをおすすめします。

塗料のことでお悩みがありましたら、ぜひプラニング・Kにご相談ください。 

  

カテゴリ:外壁, 屋根

ブログ執筆者:プラニングK

2021年1月21日

トタン板の外壁メンテナンスはどうすればいいの?

住宅の外壁に使用される外壁材には多くの種類がありますが、その一つに「トタン」があります。

トタン外壁を長く保つためには、その他の外壁材同様にメンテナンスが必要になってきますが、そのメンテナンスはどのようなことを行うのでしょうか?

今回は、トタン外壁の特徴とそのメンテナンス方法について詳しく見ていきましょう。




そもそもトタン板外壁とはどんなもの?


住宅などの外壁に使用されているトタン板は、薄い鉄板に亜鉛メッキを施した素材です。
非常に軽量なうえ、加工もしやすく安価なことから広く用いられていましたが、近年では防錆性を高めたガルバリウム鋼板が主流となっています。

ガルバリウム鋼板が広く普及する前にはトタンを用いた建物が多く、今現在も多く残っているため、メンテナンスが必要なトタン板外壁も多くあるのです。

住宅外壁に用いられているトタン板の種類をご紹介しましょう。


波トタン板外壁


波トタン板外壁とは、トタン板を波状に加工した建材です。
波状に加工することで、縦方向の強度が高まり、「たわみ」「凹み」を防ぐことができます。
波状に加工する際の波の大きさによりその用途に変化があり、大きな波状は工場や、倉庫。小さな波状は住宅外壁の利用が主流です。



角波トタン板外壁


角波トタンとは、波トタン板と同じようにトタン板を波状に加工した建材です。
波の形状が曲面ではなく、曲げ部分が角になっているのが違いです。
折り曲げて成型されていることから横方向の力に対してもある程度耐えられる耐久性を備えており波板トタン板より破損に強いといえます。


プリント合板外壁の特徴


プリント合板外壁とは、トタン板に木目調などのプリントを施した外壁材のことです。
亜鉛メッキに加えて塗装も施されているためトタン板のなかでは耐久性に優れている建材ですが塗装分のコストが係るため価格は割高になります。


トタン板外壁のメリット・デメリット


トタン板外壁は軽量なうえ加工がしやすく、安価というメリットがありますが、強度がやや低いという点はデメリットといえます。

また亜鉛メッキによる防錆は傷がついた際には鉄よりも先に亜鉛メッキ部分が腐食して内部へのサビの進行を抑えるという働きがあります。

しかしながら傷が大きい場合は進行が抑えられない場合もありますので、サビが軽微なうちにサビ還元剤を塗布し、内部への進行を防ぐことが大切です。


トタン板外壁の塗替え時期は?


チョーキングや浮きサビ、赤サビが発生したとき


チョーキングとは、塗膜表面にチョークのような白い粉が吹き出してくる症状のことを指します。

紫外線などによる経年劣化により塗料の成分を結合させている樹脂がその役割をなさなくなると染料成分が剥がれ落ちることで発生します。チョーキングが起きている状態では塗膜による保護能力はほとんど残っていないと考えて下さい。

塗膜の膨らみは塗膜の奥でサビが発生して塗膜が浮き上がっている症状のことです。

既に塗装内部にサビが進行している状態ですので、すぐに塗装を剥がしてサビを除去し、塗装し直して表面を保護する必要があります。

表面にサビが発生している場合も塗り直しが必要です。



塗膜に割れ、剥離が見られるとき



塗料の成分によっては、劣化がすすんでも粉状にならずに剥がれてしまうことがあります。

この状態になると塗装の柔軟性が失われており、劣化はかなり進んでいると捉えてよいでしょう。早急な塗り替えが必要です。

塗膜の割れは、剥離と原因は同じですが剥離に比べると劣化度合いはやや少ない状態で発生するため修繕までの時間的余裕はあります。




シーリングのひび割れ、破断が見られるとき



トタン板どうしの隙間やサッシ廻りの隙間には雨水の侵入を防ぐためにシーリングを充填しています。

シーリングは柔軟性に優れ、ゴムのように伸び縮みして隙間を埋めていますが、経年劣化が進むと弾力性が失われるため建物の揺れに追随できなくなり剥がれたり破断したりしてしまいます。

このような状態になると雨水の侵入を防ぐことができなくなってしまいます。早めにシーリングの打替えを行う必要があります。



その他にも、カビや苔が発生していたり、トタン板に凹みや穴が開いている場合は専門業者へメンテナンスの相談をしましょう。






まとめ


サイディングボードが普及したことから、トタン板外壁の住宅は少なくなってきましたが、現在でもトタンを用いた建物は多く残っています。軽量で比較的安価な建材ではありますが、強度がやや低いことからメンテナンスは適切な時期に行うことが重要です。ご紹介したような症状が見られた場合は、塗り替えメンテナンスの時期といえますので、専門業者へメンテナンスの相談をしてみましょう。

カテゴリ:未分類

ブログ執筆者:プラニングK

2021年1月18日

屋根塗装~色選びのポイント~

 

屋根塗装の際、色選びに迷っているなんてことありませんか?

家の外観イメージにも大きな印象を与える屋根の色は、非常に重要です。 

 

ではどうやって選べばいいか、屋根塗装の色選びについてご紹介します。

 

 

屋根塗装の色とは

車や洋服を選ぶ際、色に迷うことは誰もが経験されたことがあるかと思います。

同じように屋根塗装にもたくさんの色があります。

使用する塗料によって違いはありますが、主となる色はどの塗料にもあります。

  

【色選び】

どのような色を選べばいいのか、一般的に人気の色は何色なのか気になりますよね。 

 

色を決める際のポイントを抑えておけば、失敗することなく色決めができます。

 

人気の色

グレー系

グレーは黒よりも熱を吸収しにくく、汚れが目立ちにくいのが大きなメリットと言えます。

色合わせがしやすいことで、人気の色として多く使用されています。

グレーの中でも様々な色があり、白が多く含まれているライトグレーから黒が強いダークグレーまであります。 

   

 

 

ブラウン系 

ブラウン系もまたグレー系同様に人気が高い色です。

汚れが目立ちにくく、外壁やその他の色と調和し周囲に溶け込みやすい特徴があります。 

落ち着いた雰囲気で飽きを感じず、長期的に楽しむことができます。

 

  

避けたほうがいい色 

ホワイト系

清潔感のある白色を塗りたいとお考えの方もいるかと思いますが、白は汚れが目立ちやすいので、特に見た目が気になる方はおすすめできません。 

 

家は強い直射日光や雨風などを受け、日々劣化していきます。

一般的に10年で塗替え時期と言われているため、いかに10年間汚れや劣化を目立たなく過ごすことができるかということも重要になります。 

 

 

原色系

原色に近い色味のカラーは、経年劣化により退色(色あせ)がしやすいと言われています。 

塗りたての鮮やかな色を保っている時期は素敵に見える屋根も、『数年後には色あせてしまっていた』なんてことも考えられます。 

 

そして何より、色あせた屋根は古びた暗い印象を与えてしまいます。

4~5年後には塗り替えるという予定がある方以外は、あまりお勧めできません。

 

 

 

色を決める際のポイント

 

①色単体で考えないこと

基本的には塗料メーカーの色見本を見て決めることがほとんどですが、明るさや濃淡によっても印象が変わります。

色見本で見るサイズに比べ、実際に塗り替える屋根の面積が大きいため、色見本で選んだ色を実際に屋根に塗ったらイメージと違ったということもあります。

 

色の面積によって見え方が変わる視覚効果です。塗料メーカーによるカラーシュミレーションを行うことでイメージしやすくなります。

 

②全体のバランスを考える

家には様々な部位があります。外壁はもちろん、玄関ドアや窓など全てに色があります。

屋根の色だけで考えず、外壁の色との配色はどうかなど、全体をイメージすることをおすすめします。 

 

※コストを抑えるために屋根と外壁を同時に塗替えするという方も多いので、その場合は塗替えたい色をベースに組み合わせましょう。

 

 

③景観との相性

美しいまちづくりとして市町村が『景観ガイドライン』を定めている地域があります。その場合、街の景観を壊さないよう一般住宅や商業施設など外観の色を規定の範囲で行うことが必要になります。 

 

奇抜な色にしてしまうと、場合によってはご近所トラブルの原因になるケースもあります。周囲の住宅環境に馴染む色選びを心がげましょう。 

 

  

 

まとめ

家を大きくイメージチェンジできるのが屋根塗装です。 

選ぶ色によって家の印象を変えるため、色決めの際は施工業者としっかり打合せをしましょう。 

 

屋根塗装の色選びに迷ったら、ぜひプラニング・Kにご相談ください。

カテゴリ:屋根

ブログ執筆者:プラニングK

2021年1月14日

寒い冬でも塗装工事はできる?

外観の色あせや劣化が気になり、我が家もそろそろ塗替えの時期かな?と感じたら、いつ塗替え工事を依頼するか悩みますよね。 

 

今回は寒い冬でも塗装工事はできるのか、ご紹介します。

 

  

そもそも冬に塗装工事はできる? 

 

冬に塗装工事をするメリットとデメリット 

 

◎メリット 

・冬は乾燥しているため塗料の乾きが早い

冬は気温が低いので塗料の乾きが悪く感じますが、気温が低い・日射量が少ないという点を除けば空気が乾燥しているため、塗料の硬化には適していると言えます。

   

・天候が安定しやすい

夏は台風や突然のスコールなどで天候が崩れやすいのに比べ、冬は雨が少なく比較的安定しています。

  

 

×デメリット 

・日照時間が短い 

日照時間が短いため、1日の作業時間が短くなります。

作業時間が短くなると、その分工事の進みが遅くなり通常より工期が延びてしまう可能性があります。

 

・真冬日は工事ができない

晴れていても気温が5℃以下の真冬日は、塗装工事ができません。

寒い日が続いた場合、予定通りに工事が進まず完工日が長引いてしまうことがあります。 

 

 

 

冬の塗装工事で注意するポイント 

 

工事のスケージュールは余裕を持って 

屋根や外壁塗装は外部の工事なので、気温や天候に左右されます。

雨天や雪の場合はもちろん、湿度が85%より高い場合も工事を行えません。  

 

良好な天候が続けば工事もスケジュール通りに進みますが、契約時に数週間~数カ月先の天候を予測するのは不可能です。 

従って、『どうしても○月○日までに工事を終わらせたい』という場合は事前に施工業者に伝え、余裕をもって工事のスケジュールを組んでもらうことをおすすめします。 

 

希望の業者に依頼しやすい!?   

年の瀬はゆっくりと過ごしたいと思われる方が多いため、塗装工事を依頼する方も比較的少なくなります。

そのため、お願いしたい施工業者に希望の時期で工事の依頼をすることができる可能性が高くなります。  

 

 

 

まとめ

屋根・外壁塗装は、気温5℃以上で湿度が85%以下の条件を満たしていれば、真冬でも工事を行うことができます。

香川県は晴れの日が多く、全国的に見ても雪が少ない温暖な地域なので、

雪が多い地域では難しい真冬の工事も安心して行えます。 

 

まずはお気軽にお問い合わせください。 

 

カテゴリ:外壁, 屋根

ブログ執筆者:プラニングK

2021年1月7日

外壁塗装をする前に

 

家の塗装をしようと検討されている際、第一段階として何をされますか? 

 

まずはインターネットで検索をする方が多いのではないでしょうか。

塗装工事を決める事前のポイントをご紹介します。 

 

 

ご自宅の状況を知っておこう!

塗替えを検討されている方の中には、色あせや劣化が気になる・前回の塗装から随分年数が経っている・家族のことが落ち着いたのでリフォームをしたいなど、理由はそれぞれ違います。 

 

■家の劣化を確認しましょう。 

まずは、ご自身で劣化の箇所を把握することが必要です。

そして施工業者が現場調査をする際に、確認してもらってください。

 

・ひび割れや塗膜の浮き
・カビやコケの発生
・チョーキング現象

 

  

   

  

 

■気になる症状の有無

目の届かない雨樋や屋根など、気になっている箇所はありませんか?

   

天井や壁のシミなどは屋根や外壁塗装に関係ないと思われている方もいますが、実は思いもよらない場所に原因が隠れていることがあります。

 

気になる箇所があれば、必ず施工業者に伝えるようにしましょう。

 

 

今後の暮らしをどうしていきたいか?

今後のライフプランをしっかりと考え、屋根や外壁の塗装することをおすすめします。   

■10年を目処に塗装計画を立てよう!

塗替えの時期は、前回の塗装から約10年が目安と言われています。 

家の劣化状況によっても違ってきますが、いつが塗替えのベストタイミングなのかを見極めましょう。 

 

 

例えば、

・10年以内に手放す予定がある

・子供が独立したので、開業して店舗を始めたい

以上のように、今後の暮らしを想定し塗装することで、安心な生活を維持することができます。

 

  

 

まとめ

家の外観の大半を占める屋根や外壁は、住まいの顔とも言えます。  

 

10数年に一度の塗替え工事を成功させるために、事前に計画をしっかりと立てましょう。

屋根や外壁塗装のことでご心配やお悩みがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

カテゴリ:外壁, 屋根

ブログ執筆者:プラニングK

2021年1月5日

外壁塗装 ~よく聞く弾性塗料とは?~


外壁の劣化のサインの一つとして、クラック(ひび割れ)がありますが、そのクラック対策として使用されるのが、ゴムのような柔軟性と伸縮性を持つ『弾性塗料』です。

弾性塗料は、特殊塗料であるためその種類や工法を把握した上で使用しないと、数年後には硬くなってひび割れが起こす可能性があります。

今回は、この『弾性塗料』について、ご紹介します。



外壁塗装で使用される『弾性塗料』とは?


弾性塗料とは、非常に高い弾力性をもつ「高弾性塗料」、やや弾力性を持つ塗料を「微弾性塗料」といいます。

●弾性塗料
 20度で120%以上伸びる塗料

●微弾性塗料
 20度で伸び率100%以下の塗料


外壁塗装で使用される「弾性塗料」の特徴


弾性塗料の特徴を活かし、弾性塗料を使用するには、外壁の種類や外壁の現状、劣化症状を知っておくことが大切です。


「弾性塗料」はモルタル外壁の劣化を防ぐ

モルタル外壁は、外壁材のなかでも最もひび割れを起こしやすい種類といえます。
耐候性に優れているフッ素塗料でも、モルタル壁の動きに追従できずに、ひび割れを起こしてしまうほどです。

このことからも、モルタル外壁ではひび割れを起こしにくい弾性塗料の使用が推奨されているのです。

また、モルタル壁は吸水性が高く雨水などの水分を吸収しやすいため、躯体を保護する意味でも高い防水効果を持つ弾性塗料がおすすめです。


「弾性塗料」は柔らかくひび割れに強い

弾性塗料の弾性とは、力が加わった時に動き、力がなくなった時に元に戻る性質のことを指します。
ゴムのようなイメージです。
塗料では、ひび割れが起きそうになっている外壁の動きに応じて動く性質の塗料のことを弾性塗料といいます。

外壁は動いていないように見えますが、実は太陽光によ熱や湿気などの影響で伸縮したり、強風により揺れたりして動いています。

その外壁が動いた際に、その動きに塗料が付いていけないと、塗膜が破れてクラック(ひび割れ)が起こります。

弾性塗料の場合は、外壁が動いても塗膜自身が伸び縮みするため、ひび割れは起こりにくくなります。


「弾性塗料」は防水性も高い

弾性塗料は、外壁にしっかり密着する性質があるため、建物の防水性を高めることができます。

また、弾性塗料は十分な塗膜を確保するにあたり分厚く塗りますので、完成した塗膜は分厚い防水層となり外壁に雨水が当たるのを抑えます。
高い追従性でひび割れを防ぐことから、ひび割れから浸水する雨水も防ぐことができます。



弾性塗料の施工方法

弾性塗料には仕上方法がいくつかあります。

それぞれの耐用年数とひび割れ防止効果を考慮した上で、適切な工法を選びましょう。


弾性塗料の主な工法

弾性塗料を使用した塗装工事でも、通常の塗装工事と同じく、足場設置、高圧洗浄、下地処理の工程は必要です。


●単層弾性工法

作業工程
・シーラー塗布
・単層弾性塗料(1回目)
・単層弾性塗料(2回目)

単層弾性工法では、シーラーという下地調整塗料を塗り、その上に単層弾性上塗り塗料を2回塗ります。



●微弾性塗料工法

作業工程
・微弾性フィラー
・上塗り用塗料(1回目)
・上塗り用塗料(2回目)

弾性塗料を使った塗装の中で最もよく行われる工法が、微弾性フィラーを下塗り材に使用する微弾性塗料工法です。

下塗り材に弾性のある微弾性フィラーを使用し、上塗り材に一般的塗料(ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料)を塗装して仕上げます。



まとめ

モルタル壁のように、ひび割れが多い外壁には弾性塗料がおススメです。
各メーカーからも弾性塗料は発売されており、低汚染性の塗料や、防カビ性塗料など様々な性能を持つ塗料があります。
ひび割れ対策に弾性塗料を検討の際は、まずは専門業者に現状の調査を依頼し、最適な塗料を提案してもらいましょう。

カテゴリ:外壁

ブログ執筆者:プラニングK

安心の10年保証をお約束

リフォームローンOK

外壁塗装延床30坪48.8万円~

屋根塗装延床30坪17.5万円~

プラニングKが選ばれる7つの理由

外壁・屋根無料診断実施中!

0120-313-505

カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PAGETOP