閉じる

香川県高松市で外壁塗装をするならプラニング・K

0120-313-505

ブログ

ブログ

2020年12月14日

ご自宅の防水は大丈夫?

 

ベランダやバルコニー、屋上の防水対策は大丈夫ですか?

雨漏りとは屋根からするものだと思われていますが、ベランダやバルコニー、屋上などから家の内部に雨が侵入することも多くあります。

 

では、どのような防水対策を行えばよいでしょう。今回は塗膜防水工事についてご紹介します。 

 

  

 

防水工事とは?

 

施工直後であれば高い防水機能を維持しているため、建物の内部に雨水が侵入することはありません。 

 

しかし、常に強い直射日光や雨風にさらされている状態のベランダや屋上の防水層はダメージを受けています。防水層の劣化は防水機能を失い建物の内部へ雨水が侵入しやすくなります。

 

 

  

こんな症状が出ていたら要注意!

色あせ

色あせは塗膜の防水機能が低下している現れです。

  

膨れ・剥がれ

剥がれや膨れを見つけたら、トップコートや防水層だけでなく下地まで影響を及ぼしている可能性があります。下地が劣化している場合は、その分工事費用も高くなります。  

  

水たまりができる

ベランダに水が溜まる原因は、ドレン(排水口)にゴミが詰まっている・防水機能が低下している。その他、雨水が自然に流れるよう勾配処理がされていなかったなどが考えられます。

 

 

 

藻の発生 

 

ベランダやバルコニーの床に藻が発生していませんか?

コンクリートの隙間から植物が芽を出しているということもあります。放置していると範囲を拡大していく恐れがあります

 

  

 

  

雨漏り  

 

雨漏りは緊急性の高い症状です。

室内に雨水が侵入してきている状態が長く続けば、家を支えている柱などの木材が腐敗したりしまいます。

  

 

  

 

 

 

 

 

プラニング・Kで施工した防水工事の実例 

 

施工前】 

 

①下地処理

電動サンダーで既存の劣化した塗膜を削り、表面を滑らかにします。

②プライマー塗布

プライマーは防水層とトップコートの吸着力を促進させる接着材の役割を果たします。

③マット貼り及び樹脂剤塗

ポリエステル樹脂の上にガラス繊維で出来たマットを敷き再度、樹脂を塗布し固めます。

 

 

④トップコート塗布

最後にトップコートを塗り、工事完了です。

 

施工後】 

 

 

まとめ

このように、ベランダやバルコニーの防水機能が低下した症状は様々です。

早期発見&早期対処によって費用も最低限に抑える事が出来ます。 住まいの安全性を維持するためにも、日頃から意識してチェックすることをおすすめします。 

 

そして劣化の症状に気が付いたら、専門業者に点検を依頼しましょう。

  

カテゴリ:外壁, 屋根

ブログ執筆者:プラニングK

  • 前へ
  • 次へ

一覧に戻る

安心の10年保証をお約束

リフォームローンOK

外壁塗装延床30坪48.8万円~

屋根塗装延床30坪17.5万円~

プラニングKが選ばれる7つの理由

外壁・屋根無料診断実施中!

0120-313-505

カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ

アーカイブ

PAGETOP