閉じる

香川県高松市で外壁塗装をするならプラニング・K

0120-313-505

ブログ

ブログ

2020年6月4日

防水リフォームは必要か?

住宅の新築時には防水が施されていますが、経年劣化により防水層の性能は低下していきます。防水性能が失われると建物内部に雨水が侵入することとなり柱や梁といった木部が腐ってしまう事態を起こしてしまいます。このことから防水リフォームは必要ということです。

 

今回は防水リフォームがなぜ必要なのか、どのような防水リフォームがあるのかを見ていきましょう。

 

防水リフォームはなぜ必要?

経年劣化により防水層の性能が低下している状態でそのままにしておくと、建物内部に侵入した雨水により雨漏りが起きたり、壁内部の柱を腐らせてしまう事態をまねきます。

明らかに雨漏りがしている状態ですと防水層が劣化していることに気づくことはできますが、症状がない場合は防水層の劣化にはなかなか気づかないものです。

10年以上何もメンテナンスをしていない場合は防水層の劣化を疑ってもみましょう。

まずは防水リフォームの知識と経験のある専門業者へ現状調査を依頼しましょう。

 

 

防水リフォームの種類

防水リフォームには使用する材料や工法により、いくつかの種類があります。

■シート防水

シート防水とは、塩化ビニール樹脂などで作られたシートを貼りつける工事をいいます。

下地に接着剤を塗って貼りつけていく施工で、工期は短くてすみ、防水シート自体も頑丈なため防水層が剥がれにくいメリットがあります。

ロール状のものが大半で、複雑な形状に施工するのが難しいのがデメリットです。

ビルの屋上など広い面積を施工する際によく採用されています。

■FRP防水

FRP防水とは、ガラス繊維製のシート樹脂を塗って施工する工事です。

ガラス繊維で強化されたプラスチックとなるため耐久性が高く軽量なことがメリットです。

紫外線で劣化するため、メンテナンスをしないままだと防水性が低下してしうデメリットをもちます。

定期的にトップコートを塗布すれば防水性を保つことができます。

 

 

■ウレタン防水

ウレタン防水とは、ウレタン防水剤を塗布する防水工事です。

塗装と同じように液体を塗って施工するため、複雑な形状のところや狭いところも施工できるのがメリットです。

塗装と同じで耐久性がやや低く、耐用年数も短いのがデメリットとなります。

 

 

■アスファルト防水

アスファルト防水とは、コールタールを染み込ませたシートを貼りつける防水工事です。

道路と同じアスファルト材料を使用するため耐久性が高いのがメリットです。

重量が重くコールタールを加熱するときの臭いがデメリットとなります。

 

まとめ

住宅の状態を長く安全に保つためには、定期的な防水層のメンテナンスが必要です。この記事を読んで10年以上メンテナンスを何もしていないという方は、一度専門業者に現在の状態の確認のために調査依頼をしましょう。大切なのは専門業者に依頼するということです。防水工事には種類があり施工方法もそれぞれ違います。経験と知識が豊富な専門業者だと施工不良が起きる可能性も少なく安心して任せることができるでしょう。

 

 

 

 

カテゴリ:外壁, 屋根

ブログ執筆者:プラニングK

  • 前へ
  • 次へ

一覧に戻る

安心の10年保証をお約束

リフォームローンOK

外壁塗装延床30坪48.8万円~

屋根塗装延床30坪17.5万円~

プラニングKが選ばれる7つの理由

外壁・屋根無料診断実施中!

0120-313-505

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

PAGETOP