閉じる

香川県高松市で外壁塗装をするならプラニング・K

0120-313-505

ブログ

ブログ

2024年6月27日

店舗の外壁塗装で集客率UP!

店舗として使われている建物も、一般の住宅と同じように、外壁や屋根の経年劣化が起こるため、塗装リフォームをして建物を保護する必要があります。

店舗の外壁塗装リフォームをうまく行えば、集客率や売り上げのUPに繋がります。

そろそろ外壁の塗り替えを検討しようかな…とお考えのオーナー様必見です。

💡外壁塗装の効果💡

・色の効果で購買意欲を促進

色の効果は人に絶大な影響を与えます。

・赤…情熱、行動、危険    

・茶…温かみ、大地、ヴィンテージ

・青…冷静、知的、静けさ   

・黒…高級感、威圧感

・黄…元気、若さ       

・緑…穏やかさ、エコ、環境、植物

・白…清楚、フェミニン

といった印象があります。外壁の色としては目立ちすぎて不向きであるため、赤、青、黄といった原色をそのまま塗ることはありません。

色が人に与える効果をきちんと知り、来てくれるターゲット層に対してどの色を使うのが一番効果的かを考えることが、売り上げUPのカギになります。

・イメージアップ

店舗の外壁塗装を行うことによって、イメージアップを図ることができ、集客の促進効果を高めます。

外壁塗装を行うと、「キレイになる」「らしさが出る」といった特徴が生まれ、周囲からの興味関心度が高まります。

「外装がこんなにオシャレだから、内装も素敵になったはず」「リニューアルして新しい商品を扱っているかもしれない」「今まで知らなかったけどキレイなお店だから入ってみようかな」という風に、お客様がお店に足を運ぶきっかけになるかもしれません。

・記憶に定着させる

店舗の外壁は、店舗のイメージを決める顔と呼べる存在でもあります。

初めて店舗を訪れる人、またはリピーターとしてきてくれる人は「外壁」の印象でお店の位置を覚えていたり、店舗のことを思い出す時に外壁のイメージを思い浮かべて思い出します。

このように、見る人・来る人の記憶の中にあなたの店舗のイメージを植え付けることで、あなたの店舗が思い出されやすく選ばれる確率を高めることができます。

・資産価値を高められる

店舗の外壁や屋根の塗装リフォームを行うと店舗の外観の雰囲気や色が変わるだけではなく、外壁の劣化箇所の点検が行われ、新しい丈夫な塗料で外装が保護されることにより店舗の寿命が伸び、資産価値を高めることができます。

💡店舗の外壁塗装のポイント💡

店舗の外壁塗装をする場合、一目でどんな業種なのか分かるようにすることが大切です。店舗の外装は業種によりそれぞれ特徴があり、お客はそのイメージでお店の業種を判断します。

店舗に合った外壁の色を選ぶ

飲食店であれば食欲減退の効果がある青や緑を避け、激辛ラーメンのお店なら赤、高級感が売りの和食のお店なら黒をベースにするなど、お店のイメージに合う色を選ぶことが大切です。

飲食店やサロン、アパレルショップなど、業種ごとの外装の共通点を把握しておくことをおすすめします。

お店のコンセプトを伝える

もうひとつ大切なのは、どのようなコンセプトのお店なのかということを伝えることです。同じ業種のお店でもコンセプトが違えば、お客様の客層は違います。

例えば、飲食店であればリーズナブルでワイワイがやがや楽しめるところなのか、それとも価格帯が高めで大人な雰囲気のお店なのかでターゲットとする客層は違います。アパレル店舗でも扱う衣類のテイストで大きく変わります。

どんなものを扱ったお店であるのかと共に、どんなコンセプトのお店なのかを明確に伝える必要があります。

まとめ

店舗の外壁塗装は、知名度や集客力、売り上げUPに繋がるなど、経営戦略としても非常に大きな意味を持つリフォームです。

外装では、「気づいてもらえるか」「何のお店かわかってもらえるか」「入りたいと思ってもらえるか」を意識しながら、「どのようなコンセプトのお店か」まで伝えられるようなメッセージ性のあるデザインや施工が理想です。

店舗の外壁塗装をお考えの方は、プラニング・Kまでご相談ください。

カテゴリ:塗装工事

ブログ執筆者:プラニング・K

  • 前へ
  • 次へ

一覧に戻る

安心の10年保証をお約束

リフォームローンOK

外壁塗装延床30坪48.8万円~

屋根塗装延床30坪17.5万円~

プラニングKが選ばれる7つの理由

外壁・屋根無料診断実施中!

0120-313-505

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

PAGETOP