閉じる

香川県高松市で外壁塗装をするならプラニング・K

0120-313-505

ブログ
  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 外壁塗装におけるタッチアップとは

ブログ

2022年11月21日

外壁塗装におけるタッチアップとは

外壁塗装でのタッチアップをご存じでしょうか。建設業に関わっている方でないと、分からない方も多いと思います。今回は外壁塗装におけるタッチアップとは何なのか、なぜ必要なのかご紹介していきたいと思います。

タッチアップ

外壁塗装におけるタッチアップとは、塗装後にできたキズや塗り残し、汚れが見つかった場合に部分的に補修を行うことです。

また、サイディングなどの外壁や、破風板、鼻隠しに釘を打った際、釘の頭を隠すため、周りの外壁と同じ色で塗って隠すこともタッチアップと呼ばれています。

なぜ必要なのか

小さな傷や塗り残し、釘の頭は意外と目立ちます。これらを放っておくと全体的な統一感がなくなり、非常に残念な見た目になってしまいます。また、建物は長期にわたって日光や雨風に晒されます。

これらから建物を守るのが外壁塗装の塗膜です。新築時や外壁塗り直し時に傷や塗り残しがあると、そこから塗膜が剥がれ、劣化が進んでいきます。そのためタッチアップは必要と言えます。

方法

塗り残しや傷など

タッチアップは主に塗り残しや傷などを覆い隠す、細かい作業になるため刷毛で塗装を行います。仕上げ塗装直後であれば良いですが塗装からしばらくたってタッチアップを行う場合、周りの塗装面と同様に仕上げる必要がないため、職人の技術が必要になってきます。

そのため、技術力の高い業者にタッチアップを依頼しないと、修正した部分だけ浮いて見えてしまいます。

釘の頭

外壁に打ち込まれた釘は表面に凹凸ができるので、平坦な壁では周りと同じ色にしても却って目立つ可能性があります。また、目立つだけではなく釘の頭の部分だけ塗装が早く落ちてしまう可能性もあります。

どちらも特定の箇所をあとから塗り直します。新たに塗料を用意するよりも同じ塗料を使ったほうが便利です。外壁塗装で余った塗料は保管しておきましょう。

注意点

上記でもお伝えしたように、タッチアップは業者の技術力が必要になります。小さな補修箇所だからと言って安い業者に依頼しようという考えは危険なのでやめておきましょう。下手な業者に依頼すると却って塗膜が剥がれたり、劣化が早まったりするなど問題が起こる可能性があります。

また、同様の理由で、DIYなどご自身で塗装することもおすすめできません。できるだけ信頼できる定評のある塗装業者に依頼したり、外壁塗装を行った業者がアフターフォローをしていることが多いので問い合わせをしてみましょう。

まとめ

今回はタッチアップについてご紹介しました。外壁は塗膜が剥がれていたり傷があったりするとそこから劣化が進んでいきます。もし塗膜の傷や剥がれを見つけた場合にはなるべく早く塗装業者に相談してみましょう。

外壁塗装に関してお悩みがある場合、ぜひお気軽に当社にご相談ください。

カテゴリ:外壁

ブログ執筆者:プラニングK

  • 前へ
  • 次へ

一覧に戻る

安心の10年保証をお約束

リフォームローンOK

外壁塗装延床30坪48.8万円~

屋根塗装延床30坪17.5万円~

プラニングKが選ばれる7つの理由

外壁・屋根無料診断実施中!

0120-313-505

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

PAGETOP